FXを始めよう

1990年代後半、ある画期的なことが起こりました。
金融業界に大きな影響を及ぼし、今日でもそれが続いていると言えるでしょう。
すなわち、日本版金融ビッグバンが行われ、金融業界の大幅な規制緩和が実施されました。
たとえば、保険業界においては、保険料が自由化され、なおかつ、外資系企業が市場参入できるようになりました。
この結果、価格競争が激しくなり、過当競争の言われもあります。
また、投資分野で見れば、少額投資が認められ、なおかつ、インターネットでの取引も可能となりました。
これは、個人投資家の数を爆発的に増やすことに貢献したようです。
さらに、外為法が改正され、個人が自由に外貨を扱えるようになりました。
外貨預金を個人が自由に開設できるようになったのは、こういう経緯があるからです。
また、外貨預金ばかりでなく、外国為替投資にも、個人投資家が積極的に参加しています。
その代表的なものが、FXになるでしょう。
今では、サラリーマンはもちろん、家庭の主婦も、FXを行い、収益に一喜一憂しています。
時に市場に大きな影響を及ぼし、特に家庭の主婦層に関しては、海外からミセス・ワタナベの名が冠されています。
それだけ、時に大きな動きとなるのでしょう。
こういう主婦層の個人投資家は、少額投資を行っていますが、個人が同じ方向に動くようであれば、少額であっても、多額なお金と同じようになることは、容易にご想像できるでしょう。
また、今ではインターネット取引が主流となり、自宅はもちろん、外出先からでも、FXを行うことができます。
つまり、パソコンでも携帯電話やスマートフォンでも、自由に投資ができるということです。
しかし、FXは、ハイリスク・ハイリターンの投資でもあります。
よりよく理解しておくことが、大きな損失を招かないためにも、大事なことであるようです。
このサイトでは、こんなFXを取り上げ、総合的な解説を試みています。
初心者であれば、最初の知識の一環として、すでに慣れている人であれば、復習の意味で、お読みいただければと思っています。

人気のFX関連情報。すぐわかるこのサイトをブックマークしましょう!

35年固定金利住宅ローンランキング
1位住信SBI住宅ローン
2位ソニー銀行
3位新生銀行
4位日本住宅ロー
5位紀陽銀行
6位楽天銀行
7位富山第一銀行
8位財形融資
9位SBIモーゲージ
10位財形融資
記事検索

ウェブ全体から検索
このサイト内を検索
記事を共有する このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2014 FXを始めよう.All rights reserved.